男女平等の話

現状はまだお母さんが家事を担当して、子供の世話をしている家庭が多いと思う。でもその役割分担は歴史的に男性側から押し付けられてきたものだ、というのがフェミニストの主張だと理解している。勉強不足なので、あまり断定的に書けない。男女の平等を目指すなら、そういう役割分担の決めつけはするべきではない、ということ。

私は、男女は平等であった方がいいと思っている。こどもが性別によって不利益を被ったりする社会は嫌だ。私は言われなければ気づかない程度に性別による不利益を被ってきた。思い返せばあれもこれも……という感じだ。多くの女性は言われなければ気づかないだろう。

たぶん世の中の家事や子供の世話を主に担当している女性は自分が気づかないままに担当している場合が多いんじゃないだろうか。子供好きだし、可愛いしみたいな。家事とか私がやった方が早いとか。男親も子供好きだし、可愛いと思うんですよ。普通に考えたら。家事も好きな人は好きだし。

善良な人々によって偏った社会が運営されているのが現実だと思う。実際には夜遅くまで働いているパパとかも、好きで仕事にまみれ家事や子供を後回しにしているわけではないことが多いんじゃないかな。あとは子供の頃専業のママがなんでもやってくれたことが子供時代の記憶として体に染み付いてるとか。全部、善良な人々が気づかないままに運営してきた偏った社会のせい。だから気づいた人がこまかいところを気にしてくれるだけで少しずつ偏りは平かになってくれるのではないかな。私も引き続き気にしていきます。私はもう少し仕事も増やした方がいい。がんばって……がんばってはいる。。