調理本の効能

日記を書きたい気持ちはあります。続けられるようにがんばります。

 

最近、藤井恵先生のレシピ本を読みながら料理をしている。『からだが喜ぶ!藤井恵のおうちごはん・藤井恵 (著) - 世界文化社』という本だ(リンク先は出版社ページ)。もともと胃腸は弱いが、最近ことさらに弱さを感じることがあり、慢性的な具合悪い感を覚えることも多かった。食生活は改善していきたい……という思いは、以前からあった。この本を買ったのはだいぶまえのことである。あまり活用できていなかったが、最近また使い始めた。

 

私はどちらかというと適当料理の民。工程の少ないレシピを好んでいる。他にヘビーユーズしている料理本には、はらぺこグリズリー先生の『世界一美味しい手抜きごはん』などがある。これでもときどき「面倒だな……」って思うことがあるくらい。基本的には、鶏肉に塩を振ってフライパンに入れ、そのとき手に入った野菜を入れて、酒で煮るという料理ばかり作っている。魚の切り身を使うこともある。

それに、野菜があまり好きじゃない。包丁を使ったりしなくてはいけないからだ。からだにやさしいレシピはやはり野菜とかいっぱい入っているのだ。それがなかなか面倒であまりこの藤井先生のレシピも作っていなかった。

 

だが、一念発起して、ちゃんとレシピ通りに作ってみよう。ということを始めた。

そうしたらおいしいのである。当たり前かな?

今まで作っていた料理も変なものを入れていたわけではないし、塩は間違いのない量を覚えて(1kgにつき小さじ1だょ)はかって振っていたので、別にまずかったわけではないのだが、なんだかちゃんとした味がする。これがプロの家庭料理なのだなあと思った。

さらに! これがすごいと思ったのだが、こどもが残さずごはんを食べる。

私は適当なので、こどもでも食べられそうな大人料理を作って、取り分けている。つまり子供用にごはんを別に作ったりはしていないのだ。それで大体は食べてくれていたし、途中で飽きて? 投げ出されることも最近は増えていたが、これからもわざわざ分ける必要はないかなと考えていた。

しかし、藤井先生のレシピで作ったごはんはペロリと食べてくれるのだ。嫌いだと思っていたほうれん草であろうと。たぶん今まで私が作っていたごはんは、食べられないこともないけど、そんなにおいしくなかったんだろうな。

 

わかったこと:

ちゃんとおいしいレシピは子供も残さず食べる。

 

からだへのやさしさについては、まだよくわからない……痩せるかな? お通じはよくなっている気がする。肌荒れがよくなるといいなあ。

 

それと、この本を買ったときのブログ(前掲)にも書いたのだが、レシピは本の形で見えることに意義があると感じている。やっぱり、パラパラめくれることに意味がある。webは進化しているし、私も電子書籍に前よりはより親しむようになったとはいえ、横断的に見るのにはやっぱり本の形が向いている。

まだ作っていないレシピもたくさん載っているので、もっと色々作って体質改善も狙っていきたいな〜。