口紅と頬紅

新型コロナウイルスが蔓延し、私たちがどう行動するべきかについて、誰も正解を知らない世の中が来た。と思ったが、実は誰も正解を知らないのは昔からだった。前と違うのは、「間違い」があるということだ。そしてどれが間違いなのか誰も知らない。

 

私は基本的に自粛を選んでいる。が、100%引きこもっているわけでもない。そして今日は久しぶりに電車にのって外出した。水族館に行ったり、買い物をしたりしようとして。しかし水族館には長蛇の列ができていたのでやめた。子供は列に並ぶのに耐えられないと思った。というのは建前で、私は私自身が耐えられないだろうなと思った。

 

自粛している間に自分(の顔)を見つめ直し、次出かけることがあったら、こういう化粧品を買おうというのを考えていたので、今日はそういったものを物色した。最近は日焼け止めがわりの化粧下地と眉毛の書き足しだけで済ませていたので、これからもそういう日々が続くと思うと、今日買ったものは別に必要のないものかもしれない。でも、いつだったら必要なのか? 無限の問いだ。どちらにせよ必要なもの(日焼け止めにもなるベースは必要)も買った。

 

自分(の顔)を見つめ直した結果、手持ちの口紅とチークは自分の肌色に合わないということが発覚していた。イエベとかブルベとか春夏秋冬とかいうやつ。でもマスクで隠すのが常態化した今、口紅とチークを新たに求めるのはもっと必要がない気がした。おそらく各地で売り上げが下がっていることだろうな。ところでマスクで隠れるなら本当に口紅とチークは必要ないのだろうか? 食事のときマスクを外したら見えてしまうけど。まあどうでもいいけど、今日じゃなくてもいいやという気持ちは多分に働いていると思う。

 

今日はUZUのアイライナーというのを買ったんだけど、テスターを手の甲に書いて帰って、石鹸で手を洗ったら本当にスルスル〜〜って落ちた。スゴイ! 7人の職人が作っていますよというのが書いてあるのも良い(顔の見える野菜的な意味で)。ヴィーガン、100% cruelty-freeなどが明記してあるのも良い。どんなものもどういう風に作られているのかこの買い物が「間違い」でないのか少しでも判断材料を与えてほしいと思っちゃう私です。ビビリすぎかしら。