LoRプレイ日記 その1

前置き

久しぶりにブログに帰ってきた。最近はまっているデジタルカードゲーム、レジェンドオブルーンテラのプレイ日記を書くために。

この日記はレジェンドオブルーンテラについて知らない人には意味不明の内容です。

 

オープンβテストからプレイしているが、もともとゲーム自体好きだけど雑魚なので、なかなか上に行けない。しかし、どうも、私が使っているデッキが弱すぎるとか、私が正しいプレイングを理解していないとか、そういうところに勝てない要因があるわけではないような気がし始めた。それというのも、5連勝くらいの経験は複数あるのに、1回負けるとそのまま10連敗したりするからだ。勝ったり負けたりじゃなくて、1回負けモードに入るともう絶対勝てなくなる。なのに「やめどきだ」と思うことができない。

これは多分にメンタルの問題が大きいと思うので、1戦するごとに日記をつけて気持ちを切り替えることにした。いたずらに時間を費やすよりこっちの方が建設的だと思った。雑にプレイし続けるだけだと、勝てもしないし、メンタルはすり減っていくし、時間はどんどん失われる。時間の無駄なだけだ。

というわけでメモ帳に日記をつけ始めたので、キリがいいところで区切ってここにも共有します。ただ中身は推敲などあまりしていません。もう少し人間として余裕ができたら読み物として楽しくなるようにかけたらいいなあと思います。

1日目 プラチナ2 LP0から日記をつけ始める

デッキについて

f:id:poyopoyojinsei:20200520222150p:plain

お気に入りのフィズちゃんデッキ

デッキは全部じゃないけど色々試してみた。オリジナルも丸々コピーも。その中で一番強い、とは思わないけど一番勝てる、自分にあっている、と思って最近研究したり練習したりしているのがフィズを使ったイルーシブビートダウン。

爆発力があり、対応力もある(と思っている)のがお気に入りの理由。

デッキへの気持ちは、また別の機会に綴りたいと思う。個人的なおしゃれポイントは急襲。これによって地上ユニットも含めて能動的に殴りに行けるようになり、イルーシブのブロッカーが出てきても攻撃の手を緩める必要もなくなり、1マナと軽いのでフィズの能力を使うのにも便利。

昨日から盗品を入れてみている。

1 エズリアル カルマ 

勝ち

後手、2ラウンド目にフィズを出す。すぐに撃たれたサーモジェニックビームを鉛の忠告で打ち消したところ、対戦相手が投了。
エズリアル・カルマ相手は、最序盤の除去をしのぐことが最重要って感じがする。除去をかわせないなら、ユニットはプレイしない。

2 チャンピオンなしのアイオニア・フレヨルド

勝ち
基本はこちらと同じようなイルーシブビートダウンで、フレヨルドのスペルでパラメーターを一気に上げていきなり倒すデッキっぽい。
除去が単体リコールのデッキには、フィズは強い。あと、サイズを一気に大きくする戦法にも、こちらのアイオニアの意志が刺さる。相性良くて勝てたかも。わからん殺しできそうなデッキだった。

3 ハイマー ヴァイ

勝ち
序盤はやはりサーモジェニックビームをめぐる攻防。急襲がこれを制す。1マナ便利。
今回の相手ならは孤高の僧を採用していた。あまり詳しくないけど珍しい気がする。体力3のイルーシブは厄介なので、犠牲を払っても打ち取る。というか、一体は打ち取らせて、ほかの細かいのを通す。コンバット苦手だけど、これならできる。
ハイマーは本当に苦手だけど、今回は超エキサイティン!に拒絶を合わせられたりしてフロアリムーバーの出現を最小限に抑えられた。と思う。相手が孤高の僧を使ってスペルを使ってこなかったのと、運良く拒絶が使えたのが勝因か。
ヴァイは無視。

4 フィオラ ラックス シャドウアイル

勝ち
2色目がシャドウアイル。3/2ライフスティール君や、蜘蛛を出すスペル、蝕む嘆きなど。
盗品で奪ったカードが軒並み活躍してくれる。特に孤軍は強かった。収監はまあまあだったが時間稼ぎには大いに役立ってくれた。ラックスは登場せず。

5 セジュアニ フォーチュン

勝ち
1点をばらまく非常に苦手なタイプのデッキ。こちらはユニットを展開せず大事に守ることが要。……だと思う。
今回もグリーングレイドの二人組×2、フィズ、と並べたところで残炎の乙女をプレイされ、あ〜そうなんだよなあ〜と一瞬くじけそうになったが、フィズだけポケットエースで守る。その後も体力回復目的で双の行を使うなど、普通に考えたらかなりもったいないんだけど、とにかくフィズを死なせない方向で行った結果の勝ち。
セジュアニが出る前に勝つのが重要な気がする。今回は殴り切った形。


なんとか5連勝でプラチナ1。

長くなるのでここまで。勝ってるところで区切った。