『となりの難民』を読みました日記

f:id:poyopoyojinsei:20200127002921j:plain

www.junposha.com

 

図書館で見かけて借りてみた。

難民の問題についての知識は、ニュースやtwitterで見た程度。技能実習制度については割と関心があった。入管での非人道的な扱いに対しては、ひどいなーと思っていた。一方で、ネット上では全員受け入れていたらキリがないとか、受け入れ頑張ったドイツでは治安が悪化したとか、そういう意見も目にしていて、なるほどそうなのか? と思うこともあり、簡単に言うと、全然詳しくない状態。

 

この本は、子ども向けに書かれていてとても読みやすかった。

著者織田朝日さんのブログには、子ども向けにというのは出版社の意向だと書かれていた。どこから目線だよと言われそうですが、これは「手」としてはすごく良いと思います。何様ですみません。悪癖です。でもポジティブな話なのでゆるしてほしいです。

amm.hatenadiary.org

勝手ながら、リンクさせていただきました。

 

本にも掲載されていたマンガなどは、感情に訴えかける部分が大きすぎるような気がして、得手不得手という観点であえて二分するならば個人的には不得手な方だけれども、伝える力という観点で見れば、かなり強いと思う。本文では、そういう感じは少ない。それが、私にはとても読みやすかった。

 

日本に滞在している外国人が、どのように入管と関わっているのか知ることができたのが大きかった。

仮放免状態でずっと生活している人が、県外への移動にもわざわざ申請を出さなくてはいけないということ。また学校を出ても就労許可がなく、働けないということ。大学を出ているような日本育ちの人でも、仮放免状態であるということがあるというのに驚いた。「となりの難民」というタイトルはこのあたりからきているのだろうか。となりの外国人も、こういう状況下にあるのかもしれない、という意味で。

就労許可というのが私にとっては最大の謎。その辺でエスニック料理店をやっている外国人はそのへんどうなんでしょうか? こういう人たちは最初から、日本に働きにいきますといってビザを取って来日するのか? 就労許可が下りていない人たちは、最初にくる時それをしなかったから働けないのか? 謎。その線だと子供の頃来日した人は働けないということになるのかな。

そして技能実習生制度に疑問しかない私にとっては、この本でも書かれていたけど、日本にいるけど就労許可がなくてプラプラするしかない人に働いてもらったほうがいいのでは? としか思えない。ずっといられると困るからということなのだろうか。

とにかく知識不足でわからないことだらけだけど、こうした社会問題について知らんわで済ませてしまうのは社会人としてどうかな……と思うので、「〜〜〜なところがよくわからん」というくらいでも自分のスタンスは少しずつ築いていきたいです。。。

 

あとは難民の多くは子供ということもポイントなのではないかなと思った。

それが、この本が子供向けに書かれた大きな理由のひとつでもあると思う。子供はこれから大きくなるし、結婚したり、子供が生まれたりするかもしれない。難民対策、そういうところがたぶん勘定に入っていなかったのかな、という漠然とした印象を受ける。

 

治安の話とか労働の話とかはいろんな問題が関わってきて、まだ何かの意見を持つには私は早いと感じるのだが、少なくとも絶対言えるのは、入管の待遇だけはなんとかした方がいいということ。さすがに医療は適切に受けさせるべきなのではないでしょうか。医療を受けさせない理由だけは全くわからない。

SYI(収容者友人有志一同)ブログを見ても1ページ目で精神疾患を発症した人について2人書かれているし、この本にも収容中に統合失調症を発症〜みたいなことが何回か出てくるので、普通の環境ではないと思う。

pinkydra.exblog.jp

 

その他いろんな疑問や考えが浮かんできた。

知らぬ存ぜぬでは済まされないことだと思う、そのきっかけをくれる読書だった。

簡単ですぐ読めるので興味のある人は気軽に手に取っていい本だと思う。