インターネットの人の声を聞くこと

twitterを筆頭に、インターネット上の書き込みはたまに「便所の落書き」と言われたりする。いろんな人が好き放題書いているところが似ているのだと思っていた。

 

インターネットでいろんな意見を見ていると、具合が悪くなってくる。私の意見も人の具合を悪くしていることだろうと思う。自分と異なる考えの人が、なんの責任も負わずに、なんの根拠もなしに、意見を述べていて反論を受け付けない。そういう状態に対して具合が悪くなるのだ。

どこからともなく聞こえてくるジャイアンリサイタルみたいな感じなのかなあ。

ついついはてなブックマークコメントを残したくなってしまうのは、せめてなんらかの反論をしたいからなのかなあ。と、おもいますが、結局それは受け付けられないので、どちらかというと同じことをしているにすぎないのだよね。だから平和なコメントと引用以外はしないように心がけている最近。

 

人の話を聞くこと自体、元来ノンストレスではない。

整理されていないtwitterのタイムラインなんか、本当に心に悪いと思う。だから、若い人々にツールを与える時は、その使い方をよく注意するように言った方がいいですね。

SNSなどは、安心して見られる人々だけで周りを固めて使った方がいい。あとはてなのトップページ、増田とかtogetterとかは見ない方がいい。もちろん、私のようにイライラしない人は、それは大きな強みだと思うから、最大限に活かすのがいいと思う。あくまで私の場合は……。

 

自分と異なる考えを聞きたい時は、落書きみたいなのではなく、ちゃんと書かれたものを読んだり、聞いたりすることにします。