ひかるキーホルダー

うちに、ミニチュアサイズのペンライトのキーホルダーがある。おしりのところがスイッチになっていて、回すと光る。本物のキンブレみたいに色は変えられないけど、ちっちゃくてかわいい。こどもも喜ぶ。推しの二色持っています。また出るらしいなー、同じ色だけどちょっとほしいなー。

ほかに、ガシャガシャで引いたキティちゃんの提灯のキーホルダーもある。これはプラスチック製で本当の提灯ではないのだが、わきにスイッチがついていて、オンにすると光る。こどもが喜ぶ。

この提灯のキーホルダーをベビーカーにつけているのだが、これは超名案なのではないだろうか。

冬になって日暮れも早くなった。暗くなったらこのキーホルダーをオンにするのだ。明るくて、交通事故の予防になると思う。こどもも楽しそう。反射板より効果ありそうだし。(反射板も複数つけていて、夜道で目立つことをがんばっていますよ)

仕事していたときは、残業ののち閉店作業をすることもあり、そういうときは最寄駅に着くの23時をすぎていたりしたなあ……9時から出てるときとかもあったが……いま思うと正気ではない。「そういう日もあるよ」で済ませていいレベルではないと私は思う。話がそれたが、そんな日は帰り道がちょっと怖かったりもしたよね。暗くて。

そんな暗い道でも光るキーホルダーのスイッチをつければちょっと心強いのではないか。推し色が夜道を照らしてくれる〜。自分が心強いだけでなく、他の人の助けにもなる。同じように夜道怖いな〜っていう人の気持ちを少しだけ楽にする。ような気がする!

そういうわけでひかるキーホルダーはやんないかな?