SEKIRO プレイ日記20 / 谷もやめて寺へ

フラフラ狼です。行けるところがいっぱいあると……ちょっと敵が手強いとすぐ別のところいっちゃう……

前回

 

karasuandusagi.hatenablog.jp

 以下日記

獅子猿と戦っていたのだが、どうもうまくいかないというか、率直に言って倒せないし、形代もお金もなくなったので、落ち谷は一回休んで、不死斬りを求め、仙峯寺に戻ることにした。

まぼろしお蝶のときは一人と1週間くらい戦い続けたのに。

大きな迷子

前の寄り道で出会った、大きな体の坊主さん。

 

karasuandusagi.hatenablog.jp

 この前は紹介先がなかったけど、たまに顔を出している、虎口階段の商人・穴山さんが強い人を探していたので、紹介することに。また顔を出しに行ったら、品物が増えたといっていたけど、、素材ばっかりだった。まだあんまりうまみがわからない……

甲冑武者

この前の寄り道のときは修験道の鬼仏まで行って、建物の前で引き返してきたのだった。今日は建物の中に入って、甲冑武者と戦闘。この人はあんまり強くない。危な攻撃は見切れる様子。しかし忍殺しようとしても甲冑が硬くて斬れない……なんだろう、仕込み槍? と思ったけどいかんせん形代がない。考えつつ、何回か忍殺を試みていたら、建物の壁から崖下に落ちていった……南無……

息子のためにその刀を置いてけ! というセリフ、落ちていく時のロバートー!! という叫び声、以前に供養衆から買った「ロバトの爆竹」の説明文、から察するにあれはロバトの父親? 確かに日本の鎧ではなく西洋の甲冑という感じだった……でも結局よくわからない、そもそもロバトって誰なんだ。

本堂の方へ

いろんな僧侶や猿や犬を蹴散らしながら道なりに進む。もみじの種みたいな爆弾を撒いてくるやつがいて、この見た目はかわいらしいなと。巻き添えになってる僧侶もいるし全然かわいいものではないんですが。

途中で柿を拾った。回復アイテムみたいだけど、血の少ない人にあげるといいよとも書いてあったのでとっておく……

また、この前落ち谷で会ったジラフ。の仲間みたいな「長手の百足」がいた。こっちは漢字の名前だったが忘れてしまった。小さいのと大きいのがいるけど人間……だよね? 倒し方を知っているので今回もまた、刀を振るわずに撃破。この人たちは何なんだろうか?

お堂の中にはすわりっぱのお坊さんがたくさんいて、中から虫が出てきてめっちゃリーチの長い巻きつき攻撃をしてくるのがだいぶきつかった。倒せないっぽいので、お堂の真ん中にある鈴を鳴らす。

鈴を鳴らすと不思議空間にワープ。

このゲーム、鈴を鳴らすと精神世界に入りますね。三年前へのワープに続いて二回目か。澄んだ音色が瞑想の助けになるのだろうか。今回のワープは自分の精神世界に入るわけではないけれども。

幻廊で屏風の猿たちを追いかけるっていうのはとても日本的で幻想的で素敵なボスでした。わりと全員ゴリ押しで倒した。四匹目の、空の屏風の猿がどうしたらいいんだかわからなくて、かなりウロチョロしてしまった。ヒントを与えてくれる幻廊に囚われたお坊さん、こいつが正体か!? と思って斬りかかってしまったけど、不思議な力の盾みたいなのが出て当たらなかった。彼もまた幻の一部になってしまったのか……

結局、ふと振り返ったらそこで足跡が止まっていて、ん? と刀を振るったら「見え猿」に当たった。なんかよくわからないままクリアーしてしまった。

獅子猿に比べるとかわいいもんですね。

変若の御子

細かいことですが、おちみずは「変若水」でおちみずであって、「変若」を「おち」と読んでいいのか私にはわりと疑問なんですが!?

というのは置いておいて、猿を倒して幻廊を脱出し、奥の院へ。ここでは人工的に作られた竜胤の御子、「変若の御子」がざぶとんの上でずっと座って待っていた。仙峯寺に初めて来た時、絵の中から語りかけてきたのはこの人かな。ここ仙峯寺では死なずの探求が行われており、たくさんの「変若の御子」が作られたが、みんな死んでしまった? と(まともに育たなかったとは死んだということ?)。この人だけが完成したようだ。

ここまでくる途中、道端には青黒く変色した死体が結構捨てられていたけど、あの人たちが、実験材料にされた「変若の御子」のなりそこないだったのかな。

妖刀不死斬りとお米をもらった。

お米は大事ってすごいゴリ押されてる気がするんだけどなんのフラグなんだ。

仙峯寺拳法

そういえばお堂の入り口の脇にあった洞窟。長手の百足の小さいやつらが暗闇にたくさん住んでいて、進んでいくと即身仏みたいなのがたくさん並んでいた。奥に一人ちょっといい服を着た即身仏がおり、その上から洞窟を抜けると、小さなお堂、そこに仙峯寺拳法の伝書が安置されていた。

仙峯寺の開祖だったのかな。月隠の飴の説明文に書いてあった仙峯上人かな、などと妄想。

次回

猿を倒して攻め力も上がったことだし、獅子猿リベンジをする。

と思ったのにしなかった

 

karasuandusagi.hatenablog.jp