SEKIRO プレイ日記6

数日前の日記。ちょっとうろ覚えになってしまった。

今あかちゃんが寝ているので日記を書き終わったらわずかな時間を見つけてセキロするぞ。

前回

 

karasuandusagi.hatenablog.jp

 以下日記

屋敷の裏手の崖を回る

屋敷は炎上してしまい侵入できないので、崖を回って内部へ。崖を鉤縄で伝っていくと小さなお堂の裏手に。まずはそばにいた見張りを忍殺。近くに洞穴があり、会話が忍び聞ける。いわくこの洞穴が内側に繋がっているから落ち延びるときもここをとおるだろうなどなど。つまりここから侵入できる。

1人忍殺してササっと抜けようと思ったら、思いの外見張りが多くボコボコにされる。ここで何回か死んだ。慎重に周りの見張りとかを排除して洞穴の中へ……。

屋敷内部へ

燃え上がっている屋敷の建物の陰に出る。燃えている壁には貼り付きできなかった。当たり前である。HPゲージ半分くらい減った。

そういえば梟が倒れている場所で、燃え上がる屋敷がきれいでスクリーンショットを撮ってしまったんだった。USBメモリを発見したら日記にもちょこちょこSSを貼って、絵日記にしたい。なんか、建物の燃えるさまが美しくて火を放ってしまう人、まあ、いるだろうな、という気持ちにはなってしまうよね。悲しいことだが。

平田屋敷探索(といってもほぼ庭)

探索した範囲では、屋敷はロの字型に建物があり、中央に池があり、それ以外は庭、って感じ。庭と建物内部にたくさん兵がいる。たくさんいるので、ちょっとずつ減らすのが難しい……。物陰に隠れてor屋根の上にあがって少しずつ数を減らしていくのがいいだろうか。

建物経由で池の向こうにも行ってみる。たくさん兵がいる〜。少しずつ減らしていこう。と思ったらうっかり捕捉されてしまう。応戦していたらでかい人に殴られる。ボス戦だった。うわはみ重蔵、ここまでに出てきたオーガ的なやつかと思ってしまったおデブどもより格段にでかいのに、ちゃんと人間に見える。

1回死んだところで体勢を立て直す必要を感じ、ダッシュで池に配置された高い岩まで逃げる……。鬼仏に戻ったところでおしまい。次回は屋敷掃除と重蔵退治だ。

どうやら

池の岩陰におさむらいが潜んでいて共闘できると聞いたので、掃除をしたらおさむらいを探そうと思います。

 

 

karasuandusagi.hatenablog.jp