TSUTAYAの漫画借り放題サービスの構造的欠陥

数ヶ月前に加入した。月額1000円で、店舗の漫画がレンタル無制限、10冊まで同時に借りられる、返却期限なし。

漫画は大好きだけど、全部買っていると値段もするし、何よりも家に置くスペースがない! レンタルは本棚の問題を解決できるのでとってもいいなあと思う。

だからこの借り放題が正直神サービスすぎて、慈善事業なのではないか? と思っていた……最初は。だんだんサービスの欠点というか欠陥……? が目につくようになってきた。

 

まず、返却期限なし。焦らず利用できるのがよいのだが、もちろんずっと借りっぱなしで返しに行かないと、月額だけがかかり続けてもったいない。

しかしもったいなくても、損をしていても、なかなか返しに行かない人は存在する。自分は延滞しがちだから返却期限がないのはいいなあ! と思って入会する人は延滞のスケールがでかくなるだけなんだと思う。

具体的に言うと私が月額サービスに入って一番読みたいと思っていた某有名少年漫画、途中の数巻がずーっと返却されなくて読めない。

 

次、神サービスだ! と思った人がたくさんいる。利用者が増えすぎている。と思われる。

すると人気漫画はすぐみんな借りていく。しかもなかなか返ってこない。えーっ、あれ貸出中なのかー、じゃあほかの何か借りて読むか、と適当に見繕って借りていく。何か借りないと月額料金もったいないもんね。

それでみんなが新しい漫画を開拓し始めるから、どの漫画も1巻が貸出中なんだよ。

開拓する漫画を探すのも一苦労です。

 

読みたい漫画の続きは読めないし、新しい漫画を読み始めようと思ってもどれもこれも1巻が貸出中だし……

これはなんだか私の運が悪いわけじゃなくて、サービスそのものに欠陥があるような気がする……。利用者が増えると利用しにくくなる、そういう構造になっているのではないだろうか……。

漫画の在庫を拡充してくれればいいんだけど、店の面積は増えないし、紙の本だと難しいよね。

 

今のところお得に利用できてる〜〜っていう気持ちと、あのタイトルもだめこのタイトルもだめ……っていうストレスとの板挟み状態。

いますぐに退会するほどではないけど、返却されるのを待つよりは電子書籍とかほかの方法に切り替えて行こうかなあ……って気持ちです。