読書日記

読書日記 つけびの村(後編)

前編 karasuandusagi.hatenablog.jp 毎日日記を書くという目標は果たせなかった……早すぎる。寝落ちとの戦いに負け続ける。でも、努力はしていきたいと思います。 今日も、いつものことながら人に読ませる気のないただの日記になってしまった。 先日から読ん…

読書日記 事実は小説より奇だな〜

出版社ページ https://www.shobunsha.co.jp/?p=5474 アマゾヌ つけびの村 噂が5人を殺したのか? 作者: 高橋ユキ(タカハシユキ) 出版社/メーカー: 晶文社 発売日: 2019/09/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る そしてnote。 note.com 半分く…

読書日記 愛を知ったのは

ぜんぜん日記を書かなくなっていた! 何を書く資格も貧弱一般雑魚にはないような気がしてしまって……でも日記だし、メモだし。今月は毎日更新するのを目標にします。内容はメモ書き程度でも。。 www.kawade.co.jp 『愛を知ったのは〜』は、インタビューをベー…

話題の『三体』読んだよ

台風のためおうちでしっぽり。少しずつ読み進めていた『三体』を読み終わった。 www.hayakawa-online.co.jp 各所で絶賛されているとおり、すごかった! 面白そうなもの全部乗せ! という感じ。 興味のある人は迷わず読んでみてほしい。私は時間かかっている…

プレミアム付商品券/離乳食/読書中の本『三体』

10月に入った。今月の目標として、日々にメリハリをつけるため、毎日ブログを書く。内容はただの日記になる予定。 ふんわり毎日がすぎていくと不安になる。紙の日記も書いているけど、最近サボりがち。ここは誰かが見ているかもしれないと思うと、続きそうな…

図書館で地獄をピック 『湖』

www.kawade.co.jp この前図書館でランダムピックしたうちの1冊。 端的に言って、内容は地獄。全てが衰退に向かっており、暴力が繰り返し描写される。主人公ナミは最初小さな男の子だけど、ある種の冒険の果てに、体は屈強だが薄汚れて眉間に皺の刻まれた、絶…

図書館でランダムピック『わたしも、昔は子どもでした。』

www.kamogawa.co.jp 突然、本屋に入り、本を買いたくなることがある。文庫本ではなくて、厚い本を買ってしまう。文庫本購買意欲わかない。私にとってはタピオカミルクティーがのみたいなとかそういう感じでうわ〜本買いたい〜となり、本屋に入って数千円使っ…

読書日記その8『内臓とこころ』

www.kawade.co.jp 購入したのは6月25日。このとき買った2冊もようやく読み終わった。 それにしても、ぼんやり読んでしまったなあ。積読本が多いと「消化しなきゃ」という気持ちになって、ついページを進めることが内容の理解に先立ってしまう……傾向がある。…

読書日記その7 『山に生きる人びと』

民俗学の随筆みたいなやつ。 www.kawade.co.jp 買ったのは6月。 karasuandusagi.hatenablog.jp 読んでから時間が経ってしまっていてよくない。 やる気がなくなったので日記もてきとう。 民俗学者・山本常一が集めた話をまとめたもの。直接山で聞いたものもあ…

読書日記その6 『これは学園ラブコメです。』

www.shogakukan.co.jp とてもテンションの高いメタフィクション。 このとき買ったやつ。 karasuandusagi.hatenablog.jp これで6月2日に買った本は全部読んだことになる。すっきり、すっきり〜。 これからこの本を読む人に言いたいんですが、中に、「ガ報」っ…

読書日記その5 『ケルトの薄明』

このときに買ったやつね。 karasuandusagi.hatenablog.jp アニメイトポイントパワーで交換してもらったときは、真新しい、きれいな本だった。いまや、どこからどうみても古本である。あ、あかちゃん、暴力的だから。 そして先日もこんな現代文のノートみたい…

読書日記その5の一歩手前 『ケルトの薄明』が難しすぎる

www.chikumashobo.co.jp karasuandusagi.hatenablog.jp このとき買ったやつ。 遠野物語的エピソードの収録など、普通に読めるものもあるのだが、全然意味わからない文章も多くて、なかなか読み進められない。 短いので一つをぜんぶ引用しつつ読解する。謎だ…

読書日記その4 『ラテンアメリカ怪談集』

くだらないこと書いてるので個々の感想だけ読みたい人は飛ばしてください! 個々の作品の感想 www.kawade.co.jp Amazonへのリンクは貼らないようにしている。本屋で買い物日記を読んでいただくとわかると思うんだけど、私は本屋が大好き。地元にいたころ、ク…

読書日記その3 『ボルヘス怪奇譚集』

karasuandusagi.hatenablog.jp 6月2日に書泉で購入した本です。この時の日記にも書いたがボルヘスは何も読んだことがない。『幻獣辞典』という本のタイトルは何回もみたことがあってそれと一緒に名前を覚えていた。幻想小説の書き手という理解でいいのかな。…

本屋で散財日記 R010625

出かけたついでに本屋に行った。ついつい。浜松町の文教堂だ。私は大学生時代、浜松町に縁があり、ここもちょいちょい訪れていた。どんな本屋にも特色がある。ここは面積が大きく、客層はビジネスマンが多いと思われる。ビジネス書や雑誌が豊富に置いてある…

読書日記その2.1 罵倒されたので殺したい

karasuandusagi.hatenablog.jp 前回の続きというか、考えたことがあったのでメモです。 twinavi.jp はてブでこういうのを見た。いわく、人前で怒鳴ることは、その相手をひどく侮辱することであり、国によってはその日のうちに殺されてもおかしくないとか。 …

読書日記その2 『どこに転がっていくの、林檎ちゃん』

まだこの前買った本には全く手をつけられていないのだった。 www.chikumashobo.co.jp これは積んであった本。はっきり言うけど古本を探して買いました。訳者あとがきに、『アンチ・クリストの誕生』が好評だったので出版できました、と買いてあって、申し訳…

本屋で買い物日記 R010602

久しぶりに秋葉原へ。読書モチベも上がっているし、書泉ブックタワーでお買い物をした。 W.B.イエイツ。『ケルトの薄明』 www.chikumashobo.co.jp 実家にあったような気もする……。イェイツ? イエイツ? アニメイトポイントパワーを使い、無料で交換。私のア…

読書日記その1 G・マルケス『エレンディラ』

ちゃんとした文章を読めなくなって久しいので、読書タイムを始めました。 karasuandusagi.hatenablog.jp Fit Boxingが続いてるし読書タイムもできる! と思って始めたんだけど、それからFit Boxingをやらなくなった。まあ、もういいかなって。いう気持ちは。…

これから毎日本を読みます

タイトル通りです。 中学生の頃から本を読むことが増えて、長い間そこそこの読書週間が身についていた。 生きている人の本はあまり読まなかった。村上春樹『ノルウェイの森』は、読んでないが、時の試練を超えた本がどうのこうのという言及があるそうだ。映…